「入る前にノックして!」家政婦にガン勃ち●ぽを見られたら… 無料ネタバレ

今日はだたきふくろ先生の『「入る前にノックして!」家政婦にガン勃ち●ぽを見られたら…』をご紹介します。

 

この作品は引きこもりの高校生が母親の友達の家政婦とエッチな展開になるストーリーです。

 

見どころは初めから家政婦が主人公を狙っていることですね。

 

間違って主人公の部屋に入ってきちゃう展開かと思ったら、
全然違いました。

 

こんなエロい家政婦がいたらよかったのにな~。

 

無料試し読みもあるのでぜひ読んでみてください。

「入る前にノックして!」家政婦にガン勃ち●ぽを見られたら… 完全無料ネタバレ

引きこもりの男子高校生のトモヒロが主人公。

 

最近来た家政婦の香澄さんのカラダがエロ過ぎて困っていた。

 

香澄さんは両親が結婚記念日の海外旅行中に母親が頼んだ家政婦だった。

 

母親と香澄さんは友達らしい。

 

ある日、香澄さんがお風呂に入っている時にタオルを忘れ、
タオルを持ってくるように頼んできた。

 

浴室にトモヒロがタオルをもっていくと、
たわわに実った乳房が湯舟に浮かんでいた。

 

トモヒロは真っ赤になり目をつむりながらタオルを渡すしかなかった。

 

アラサーのくせにけしからんカラダとエロさだ。

 

トモヒロは部屋に戻ると速攻でパンツを下ろしてオナニーを始めた。

 

さっき見た香澄のカラダを忘れてしまわないように。

 

そのころ香澄さんはトモヒロが顔を真っ赤にして出ていったことにゾクゾクしていた。

 

「いつも見ているの気づいているんだから」

「思春期の男の子のちんぽの味、どんな感じかしら」

 

香澄は旦那とのセックスが近ごろ少ないため、
トモヒロの反応を見てカラダがうずいていた。

 

友人の家だというのに、香澄も浴室でオナニーを初めてしまった。

 

「今頃あの子もオナニーしてたりして…」

 

そんなことを考えるとさらに感じてしまう香澄だった。

 

そのころ、トモヒロは一度射精したものの全く収まらず、
2回戦目に突入していた。

 

そこに風呂上りの香澄が登場し、びっくりするトモヒロ。

 

慌てて隠すも、それを制する香澄。

 

「いいのよ隠さないで」

 

「こんなにパンパンじゃ夜も眠れないでしょう?」

 

「今は私がママなんだから、私に任せて…。」

 

そう言うと香澄はトモヒロのギンギンのムスコを取り出し、
顔の前に持ってきた。

 

「でも香澄さん、僕こんなこと初めてで」

 

「いいのよ、私に任せて。」

 

こうしてトモヒロと香澄の夜は始まった。

 

「入る前にノックして!」家政婦にガン勃ち●ぽを見られたら… 感想

いやー香澄さん、メチャクチャエロかったですね。

 

こんな美人と知り合いのかーちゃんグッジョブ!

 

しかもずいぶんご無沙汰でエロエロモード全開の家政婦。

ウチにも来てほしいです笑

 

香澄さん、とんでもない爆乳でスタイル抜群なんですが、
友だちの家でオナニーしちゃうほど溜まっている様子。

 

引きこもりの友人のムスコまでいただいちゃうド変態なんです。

 

しかもアラサーとは全く見えないほど肌がキレイ。

 

そりゃトモヒロくんもゲームなんてできる精神状態じゃなくなりますよね笑

 

見どころはトモヒロくんの初めてを香澄さんが奪ってしまうシーンです。

 

ここはドキドキしながら読めましたし、
読みながらズボンを下ろしていた自分がいました笑

 

絵もキレイなので、オススメです。

 

近親相姦ほど近い間柄じゃないけど、母親の友人という絶妙な関係。

二人の間の秘密なのでより一層燃えそうですね

 

良かったら無料試し読みもあるので読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました